動く理由

生命は動くことによって保たれています。動的平衡です。

何を目的に動くということではなく、動くことこそ目的なのです。

だから動く理由があることは大切なのです。

歩かなきゃいけない理由がある、働かなきゃいけない理由があるこれはとても幸せなことです。

自発的に動くというのは、意志の力がいります。

あらゆる欲求であったり、必要とされたり、自分がやらなきゃ誰もやらないというような状況に置かれたり、それが動かしてくれるのです。

動けば何かが変化します。

そうすればまた新しい動く理由が出てきます。

相田みつをさんは

「とにかく具体的に動いてごらん 具体的に動けば 具体的な答が出るから」

と言っています。

動き続ける、そのサイクルを回すことが生きているということです。

 

The following two tabs change content below.
濱口 貴洋D.C.
Doctor of Chiropractic Tokyo College of Chiropractic卒 カイロプラクティックは自然の法則に基づいた哲学、科学、芸術である。 カイロプラクティック独自の哲学を通じて考えてたこと感じたことを綴っていきます。
濱口 貴洋D.C.

最新記事 by 濱口 貴洋D.C. (全て見る)